light_bucket_18のblog

写真はニコン1 18.5mmF1.8によるオシロイバナ(マクロレンズ不使用)

AlvinおすすめのGalaxy Trioの中から東京でも5cm反射を使った電視観望で捉えられそうな選んで電視観望してみました。そのうちの一つがこれ。へび座東部にあるNGCトリオです。トリオと言ってもNGC5951は少し離れていますね。くっついている2つは地球からの距離が何れも1億光年 ...

昨夜は久々に透明度が高く、電視観望を充分に堪能することができました。観たのは主にAlivinの本から選んだ銀河トリオですが、今回紹介するのは、寝る前に結構感動したこと座の散開星団NGC6791です。場所はこと座とはくちょう座の境界付近。写真は5cm反射で20分ほどスタック ...

Star Party等で「この望遠鏡はどれだけ遠くまで見ることができますか?」という 質問を受けることがありますよね。そんな時、「天体の明るさによります。」なんて 言っちゃうと話がそこで終わっちゃいます。ですから何か紹介したい、、。Deep Sky Wonderでお馴染みのSue Fren ...

コーチ:え~、utoさんのブログでは銀河の話で盛り上がっていますが、今日は5月に開催される皆既月食について勉強します。少女A:開催っておかしくない?少年B:執り行われるだよね?少女C:それもおかしいわ。挙行が良くない?少年S:いやいや登場でしょ。少女M:登場?ワク ...

Alvinの本にFlat Galaxyというものがあります。彼の本に中にFlat Galaxyの定義が示されていないのですが、米国Astronomical LeagueのObserving Programの一つとほぼ同等のものでしょうからそれを紹介しますね。Flat Galaxyとは文字通り”長く伸びている“とか”カーブしてい ...

ヒクソン銀河が面白いのは複数の銀河が互いに影響し合っているのがアマチュアレベルの望遠鏡でも判るからなんですよね。下のDigital Sky Survey ImageによるHCG79 セイファートの6つ子は重なり方がかっこいい!!(Courtesy NASA)                            ...

ヒクソン銀河(HCG)を紹介する2回目はSQM17.88の光害地の空で5cmによる電視観望結果とともにお送りします。金コート5cm反射は200mmF4望遠レンズと同等のスペックですので、ちょっとした望遠レンズをお持ちの方ならCMOSカメラとフィルタとで(眼視ですと中・大口径向きと言われ ...

今回はヒクソンコンパクト(HCG)です。このカタログは1982年に発表されたPaul Hicksonの論文に記載されています。HicksonもPalomar Sky Survey(POSS)のRed Printを使用し、以下の基準に従い100個選定しました。選定基準①:グループには4個以上含まれ、しかもそれらの明るさの ...

今回はShakhbazian、Roseカタログを紹介します(Hicksonは後日)。これらのカタログには、コンパクトグループと呼ばれ、4~5つの小さな銀河が集まったものが含まれます。コンパクト銀河の調査は主に”赤方偏移”を見ているようですね。カタログに含まれている数が最大なのは米 ...

Alvin氏のリスト(下記参照)はWeb Site Welcome to FaintFuzzies.comでダウンロードすることができます。-The Local Group-Selected Small Galaxy Groups-Galaxy Trios and Triple Systems-Selected Shakhbazian Groups-Globular Clusters-Observing Planetary Nebulae and Su ...

近赤外電視観望をすれば、東京の部屋からメシエはもちろんそれ以外の銀河も捉えられますよね。私は一つの天体に集中し掘り下げるというより、様々な天体を楽しむ方ですので、これまで私の記憶から面白そうな天体を選んで紹介してきました。このやり方では見落とすものも多数 ...

写真は昨日の日没前の青空の中にぽっかり浮いていた月齢10の月です。金コート5cmにIR640 Proフィルタを付けて撮影しました。背景が明るかった割には結構シャープですよね。可視光をかなり遮断した近赤外撮影の効果が出ているような気がします。昨日は部屋の窓からすぐに見え ...

コーチ:え~、今日は球状星団の嗜み方について勉強しましょう。少年A:球状星団なんてみんな似たようなものだろ。写真見ても区別がつきにくいよねっ少女C:そうそう、utoさんがクリスの100cmドブソニアンで観た球状星団はどれも視野の中は星だらけだったそうよ。少年C:星だ ...

今回紹介するのは超マイナーな球状星団NGC4147です。しし座のデネボラから6.5度のところにある10.3等級、大きさ4.4分の地味な星団です。あまりにもしょぼい写真ですみません。暗い球状星団は、5cmで導入した直後は星雲状に見えるだけですが、Stackを重ねていくと徐々に星が見 ...

F6やF10の望遠鏡では、暗い天体の捕獲に苦労することが多かったので、明るいカメラレンズによる電視観望に挑戦してみました。使ったのはニッコール70-200mmF2.8。このレンズをニコンD3sに取り付けるとあまりに重くて現在使用しているポタ赤での運用は困難なのですが、軽いCMO ...

↑このページのトップヘ