昨日、シアトル・ストームという地元の女子プロバスケのプレーオフを見に行きました。
2010年シーズンにはホームコートで一度も負けず、圧倒的な強さで優勝した当チームも主力の離脱や怪我等に悩まされ、最終戦も残り24秒時に逆転されてあっけなくシーズンの終わりを迎えてしまいました。
 
スター不在の小粒なチームでしたが、最後の試合はものすごい執念のディフェンスを繰り広げ、WNBAで最も得点力があり、一試合平均80点以上取るミネソタを50点台に抑える大奮闘でしたが、僅かに及びませんでした。
 
写真は同点で迎えたハーフタイムに行われたFlyDogs Flyball Clubの実演の様子です。これは犬用の低いハードルを4つほど越えた先にある壁に犬が跳びつくとテニスボールほどのボールが飛び出すようになっていて、犬が全力で走ってきて壁にジャンプし、ボールを咥えた後、全力で戻るというものです。
神聖なバスケコートに犬を入れて思いっきり走らせるということは米国人しか思いつかないかもしれませんが、ものすごいスピードで跳ねるように走る犬を見て観客も大興奮。大いに盛り上がりました。
イメージ 1
また、この日は2011年シーズンに年間指定席で隣になったNancyおばさんがたまたま隣に居合わせ、色々話をすることができました。試合は負けたけど、周りの人と大騒ぎして大変盛り上がりました。
 
それから注目しているアメリカンフットボールのシーホークスは、強固なディフェンスが今回も相手を封じ込み、2クォータの途中までに1度もファーストダウンを取らせず、逆にこちらは面白いようにパスやランが決まり、圧勝しました。これで3連勝!!
翌日は会社の人たち盛り上がりましたが、ルール等を知らない私以外の日本人は蚊帳の外、、。少し勉強するだけで、米国民の魂が少しわかって大変興味深いのですが、、。