今年の双望会ではTAKさんとLocal (Galaxy) GroupやPalomar球状星団などかなりディープな世界にはまる予定です。
当夜に見ることができそうなPalomar天体はPalomar1(Cep, 13.6等)、2(Aug, 13等)、4(UMa, 14.2等)、10(Sag, 13.1等)、11(Aql, 9.8等)、12(Cap, 11.7等)、13(Peg, 13.8等)の7つで何れも45cmを使っても難易度が高いです。
昨年ぎょしゃ座の球状星団Palomar2を当地で探して玉砕していますので、2つくらい見ることができたら満足できそうです。
イメージ 1
2人でDeepな世界にはまるのも悪くないのですが、友人達がそこらじゅうにいるので、やっぱり交友も図らなければなりませんよね。
その為に今年も用意しました、、。”ユニークなニックネームの付いた天体シリーズ”!!
 
昨年はチーズバーガー、タンポポの綿毛、ヘッドホン、ベービーエスキモー、熊の手のひら、胎児、卵を、一昨年はこれらに加えて足跡、魔法の絨毯、ダイヤモンドリングを観ました。
今年は腐った卵やクローバーの葉っぱなどを紹介しようと思ったのですが、何れもハッブルスコープの画像からイメージしたようで、我々の望遠鏡では存在確認ですら難しそうなので、他のを幾つか用意いたします。
そらし目で観なければならないものは、形の把握ができませんので、暗い天体は極力排除します。ですからお気軽にお立ち寄りください。