先日購入したのはOculus All-Sky-Cameraという英国製のCCDカメラです。
 
イメージ 1
 
1.55mm F2のレンズが付いており、PCにUSBケーブルで繋げてPC上のソフトで操作するだけで最大1000コマまでの撮影をしてくれます。(電源はUSBから取っています。)
撮影後はソフトのコマンドをクリックすれば簡単に動画に変換してくれますので超お手軽です。
 
写真をご覧になればわかるように全天候型で、雨模様の英国で半年以上外に出しっ放しでも問題なかったそうです。
また、12Vの電源をつなぐことにより、Dew Heaterも使えますので流星の撮影に力を発揮してくれそうです。
 
昨日外灯が眩しく、肉眼で2等星がぎりぎりのアパートのベランダから写真を撮ってみましたが、カシオペアやはくちょう座がわかる程度には写っていました。
私が所有しているNikon D3Sと10.5mm魚眼で写した方が美しいのですが、一晩に1000コマも写しているとあっという間にシャッターの寿命が来てしまいますし、Dew Heaterの取り付けも面倒で且つ、音がうるさい、、。
ですから少し高かったけど、このカメラを買ってしまいました。
 
双望会では100V電源が確保できるので、このカメラとPCとで少し遊ばせて貰い、皆様からのアドバイスを期待したいと思います。