地元チームであるシアトル・シーホークスは本日のマンデーナイトでニューオリンズ・セインツに勝ち、11勝1敗としてNFC西地区の首位を独走中です。
現在ホームゲーム13連勝で、2010年のシアトルストーム(女子プロバスケ)のホームゲーム負けなしの記録に迫ってきております。この地区はファンの声援が半端でないそうで選手も試合がやりやすいそうです。(2010年はその女子バスケのシーズンチケットを購入し、観に行った全ての試合に勝利したので、とても気持ちが良かったです。)
 
本日の相手は2010年のスーパーボウル覇者であり、試合前の時点で9勝2敗でしたが、序盤からシーホークスペースで寄せ付けず34対7で圧勝し、プレーオフ出場1番乗りを果たしました。
 
イメージ 1
 
シーホークスはQBのWilson(3番)の素晴らしいパスやLynch(24番)のRunはもちろんのこと、守ってはSafetyであるEarl Thomasの絶妙なポジショニング、タックルで何度もRunやショートパスを阻みました。私はディフェンスの強いチームが大好きなので、攻守ともに興奮しました。
 
セインツは2006年以来の最低得点で、シーホークスのディフェンスの前に何もできませんでした。
 
本日は会社にブルーグレーやライトグリーンのジャージを来た人がたくさんいましたが、明日は今日の試合の話に花が咲くことでしょう。楽しみです。
 
今年のスーパーボウルはニュージャージーで開催されるとのことで、既に私の熱狂的な友達は観戦計画を立て始めています。チケットは4000ドル(40万円)からだそうでとても私には手が届きませんが、気持ちはわからないでもありません。因みに数年前のバンクーバーオリンピックでは、アメリカ対カナダのアイスホッケーの決勝のチケットが20万円にまで上がっていました。