米国ではよくPotluck Partyというのが行われます。
これは各自がメインディッシュ、サイド、デザート等を持ち寄って皆で食べるというものです。
今回行われたのは会社の我々のチームのクリスマスパーティー。
アジアンフード、メキシカン、イタリアンなど色々なものが集まり楽しいひとときでした。(会社内は撮影厳禁なので写真がなくてすみません。)
米国の会社の多くは昼休みの時間を特別に設けないので、11時頃からそれぞれがテーブルの上に食べ物を置き、皆が仕事の合間にやって来て談笑しながら食べるという超カジュアルなパーティーでした。
私は写真に示す純和風照り焼きチキンを持ち込みました。
イメージ 1

こちらにはテリヤキソースが売られていますが醤油べーすの甘いだけのものですので私はそれを用いず、砂糖とみりん、醤油だけで照りをしっかり出し、照り(Shiny look)がこれのポイントであることを力説しました。

他にはインド、タイ、日本のカレー食べ比べやこちらでは超低価格である松茸をふんだんに使った料理が振舞われ、甘いデザートも楽しみました。

この形式のパーティーはほんとに良いと思います。主催者はテーブルと皿、シルバーウェアを用意するだけで、後片付けも料理を持ち込んだ人たちが行うので楽ちんです。
にほんでももっと広がると良いですね。