いよいよアメフトNFCチャンピオンシップの日が来ました。
当日まで様々な人から現地までの足についての情報を頂き検討した結果、車で15分のところにある主要駅からSounder Trainという列車で行くことに決定!これだと往復9ドルで、車で出かけて駐車場を探し回った挙句に40ドルも駐車料金を払うといったこともありません。
この列車は休日運休なのですが、シーホークスのゲームの日だけ特別運行しており、しかも競技場の隣に到着するので超楽ちんです。

少し早めに駅に到着し無料駐車場に車を止めて待っていると続々と青や緑のジャージをまとったファンが集まって来ます。
この光景を見ていたとある家族が「試合を観戦できて羨ましい」と呟いており、ちょっと誇らしい気分!
イメージ 1

列車のドアが開くだけで歓声が上がります。
そういえば私のアパートから駅までも多くのシーホークスジャージをまとった人を見かけました。現地に行かない人でもジャージを来てテレビで応援するのでしょうね。

競技場の近くの駅に到着すると、まだ試合開始の3時間以上前というのに歓声というよりScreaming状態。
赤いジャージを着た49ersファンを見かけると明るくヤジを飛ばし合います。
時には49ersファンの後をつけながらブーイングを続けるもの好きも、、。

路上でタオルを販売していた人は、これは25ドルだけど、49ファンは45ドルだよなんてかましていますし、シーホークスの応援の為に作っためちゃめちゃファッションも多数あり、マーチングバンドのリズムに乗せられて皆で大騒ぎするのも楽しかったです。

試合は最初のオフェンスでQBのウィルソンがサックを受けてファンブルし、ターンノーバーとなる厳しい出だし。でもディフェンスが頑張ってフィールドゴールの3点に留めますが、前半は頼みのRBのリンチが抑えられて10-3と49ersリードで終了。4つもQBサック受けてオフェンスは全くダメでした。(ディフェンスはそこそこ良かったのですが、相手 QBのロングランにやられました。)
私の両隣は体重が150キロ以上ありそうでフットボールにも詳しい白人の紳士が座っておりましたが、次第に言葉が汚くなって来て、まるで黒人が主演のサスペンス映画のようでした。
斜め前には49ersファンの女性3人組が座っており、得意げに我々に話しかけてきますが、フラストレーションが溜まっている男たちも綺麗なモデルみたいな女性達に鼻の下を伸ばしていました。(彼女たちもルール等をよく知っており、声援が専門的でした。)

後半になるとリンチが調子を上げてきてタッチダウンも獲得し、4Qの途中には6点差でシーホークスがリード。

でも残り時間が無くなってきてもダメ押し点を取ることができず、1タッチダウンで逆転される状況でジリジリと攻められとうとうレッドゾーン(タッチダウンまで20ヤード以内)へ、、。昨年のプレーオフや前回の49ersとの試合で残り数秒で決勝点を取られて負けていますので、皆、いやな予感がしており、祈るような声援が続きます。そして残り時間30秒くらいでボールはエンドゾーンへ、、。
 
そのパスをコーナーバックでディフェンスの要のリチャードがカットし、それを周りの選手が掴んで勝利を手中にしました。
イメージ 2
上の写真はチャンピオンになる寸前のものです。皆、リラックスして状況を見つめています。

途中、我々12th Manの声援による相手チームの反則(QBの声が聞こえず49ersのオフェンスがあたふたしているうちに制限時間が無くなった反則)が2回あり、めちゃめちゃ盛り上がりました。また5回ほどあったビッグプレー時には横のみならず、前や後ろの人たちとハイタッチやハグしまくって興奮の坩堝でした。

今回も2010年の女子バスケの優勝と2011年のプレーオフでセインツに勝った時と同様、途中で息苦しくなるほど盛り上がっていい経験ができました。

帰りは再び列車に乗り込みましたが、自然発生的にシーホークス、シーホークスと掛け声がかかるし、車掌も車内放送を使って"Super?"と言って乗客に"Bowl"と言わせる場面もあり最高でした。
 
翌日は私が試合を観戦したことを知っている人が集まってきて「凄いゲームだった」と言ってくれました。試合前後の皆との語らいも楽しかったので、X万円払っても惜しくないと思いました。
 
今回の試合は試合に勝った負けたという単純なものでなく、両チームともここぞというところで、4th Downギャンブル(4thダウン時には通常キッキングチームによるキックをして攻撃を終了するのですが、それをせずにRunかパスによる攻撃をすること)を選択するという超エキサイティングな戦略を行い、それが見事に得点に結びついたり、キック等決めるところは決め、抑えるところは抑えるという通好みの渋いところもあってスポーツ大好き人間にとってはたまらない試合でした。
 
ところで先ほど公式チケット販売サイトからスーパーボウルチケットの購入のお知らせが来ました
最低金額が何と2800ドル!!2次マーケット(チケット購入者が売りに出した場合)では更に2000ドルプラスとのこと。
 
買っちゃう人が何万人もいるのですから凄いです。(シーズンチケットホルダーは抽選に当選すればもっと安い額で購入できるようですが、、。)