昨夜は試合が終わった瞬間に花火が上がり、シアトルには大勢の人が集まって大騒ぎをしていました。でも地元サッカーチームが大きな大会で勝った時のブラジル市民ののりに比べたら可愛いものでした。(警笛を鳴らしっぱなしの車に10人くらいの人が乗り込んでそこから花火を上げたり、でかい声をあげ続ける集団がいたりしてある意味怖かったです。もう10年以上も前のことになりますが、、。)
 
一夜明けた今日は騒ぎが収まるというより、騒いだ連中が会社に来れなかったようで、静かな一日でした。
イメージ 1
上の写真は仕事仲間のデイビスが作ってくれたものです。シーホーク(海鷹)が野生の馬(ブロンコ)を捕まえています。馬の方は手も足も出ないといった感じでしょうか、、。
昨夜のブロンコスは馬というよりポニーだったという意見もあってブロンコスファンには悪いのですが、大笑いさせてもらいました。
私が観戦したNFCチャンピオンシップゲームは残り30秒まで試合の行方がわからず緊迫した好ゲームだったので、今回は拍子抜けした人も多く、つまらなかったとの感想が結構ありました。
 
星の観察に関するブログなのにスポーツのことばかり書いてすみません。シーホークスは初優勝でかつ、1979年のスーパーソニックス(バスケ)以来35年ぶりの男子スポーツチームの全米制覇なので、記念に残したいと思い綴っています。
明日以降ももう少し書くかも知れません。