島に到着後3日目の朝は少し早起きして島の南から時計回りに北の海までクルーズするツアーに参加しました。
乗ったボートは↓ですが、帆は張っていませんでした。(45人乗りのかっこいいボートです。)
イメージ 1
 
8時40分頃に約35名が乗船し、北西へ向かいます。
イメージ 2
 
天気は最高、海の色も濃いです。
最初は長い周期の揺れが続いた為若干気持ちが悪くなりましたが、すぐに慣れました。(もちろん、酔い止めは飲みましたけどね。)
 
30分ほどでひとまず停泊。これからシュノーケリングです。
イメージ 3
 
私はシュノーケリングは初めてで、しかも足が届かない(深さ3m以上の)ところで泳ぐことはめったにありませんでしたので、最初はびびりましたが、妻も息子達も泳ぎが達者でどんどん船から離れていきましたので、私もヌードル(棒状の浮き)を頂いて頑張って泳ぎました。
いやあ、シュノーケルって良いですね。息ができるのでずーっと海の中を見ていられます。予想していたより魚の数は少なかったのですが、美しい熱帯魚を色々と見ることができました。
 
シュノーケルのあとは朝食です。ベーグルやフルーツなどのアメリカンコンチネンタルスタイルでしたが、天気のよくて風が気持ちよい海で食べると格別でした。
イメージ 4
その後は車でアクセスすることができない、断崖絶壁のノースショアに向かいます。
途中、イルカの群れに遭遇し、我々相手にイルカが遊んでくれました。船と競争したり、ひねりを何回も入れたジャンプをしたりとサービス精神旺盛で、子供達が大興奮していました。(残念ながら記録できなかった。)
イメージ 5
途中で滝に打たれに行ったり、海の浸食によってできた洞穴を見たりして楽しませてもらいました。
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
いろいろなものを見ることができてすっかり満足していると、次の見ものがやってきました。
そう、クジラです。
イメージ 8
写真は広角レンズを使ったため、小さく写っていますが、結構何度も跳ねてくれて面白かったです。
ハワイでクジラが見れるのは1月~4月くらいまでで、その後は海水の温度が低い北へ移動してしまうのだそうです。シーズンの終わりに遭遇することができて幸運でした。
 
その後はひたすら日光浴です。
イメージ 9
青い水着の彼女は身長が170cm以上ある8頭身美人で、スタイル抜群。太陽のみならず、若い娘達の身体も眩し過ぎました。
ボートにはアメリカ人(白人)しか乗っていませんでしたが、年配の男性(Jimさん)が私の子供達に声をかけ、挨拶の練習をしてくれました。(みんな、日本人が英語がダメなことを知っているので、優しいです。)
 
星の写真を載せる容量が無くなってしまったので、次回に南十字等を載せますね。