今回は1mドブ所有者のChrisの話を少し、、。
 
イメージ 1
 
彼は今月に入ってから10日ほど休暇を取得し、ニューメキシコ州まで星を見る遠征に出かけました。
総走行距離はなんと6400kmです。 1mドブをトラックに積んで、一人で旅したそうです。
以下に大雑把な彼の走行ルートを示しますね。(因みに☆マークはテキサス・スター・パーティ会場です。)
 
イメージ 2
10日のうち、星を見たのは3晩だけで残りの7日はずっとドライブしていたとのこと。
ほんとにタフな人です。
 
目的は単なる星の観察。大きなスターパーティがあったわけでもなく、星の綺麗なところやちょっとした観測所に立ち寄って様々な天体を見ただけだそうです。
良かったのはおとめ座銀河群(バーゴ・クラスター)とケンタウルスの銀河たち。1mで見ると各銀河の腕が簡単に見えますので、素晴らしい眺めだったことでしょう。
我々が住むシアトルは南の低い天体を見ることができないので、こういった機会に彼らは南の空を集中的に眺めるようです。
ちなみに当地の緯度は32度程度。シアトルは48度です。
 
彼はオリオンとか一角獣とかの天体も大好きだそうですが、「今の季節はもう沈んじゃって駄目だよねえ~」ってぼやいていました。
テキサス・スター・パーティの会場近くまで行かれたので、空について尋ねると、強風により巻き上げられた細かい砂が影響して部分的に透明度が良かったり、悪かったりして安定しなかったそうです。青空の写真を見せてもらいましたが、深い紺色だったり薄いブルーだったりしていました。
これだったらオレゴンの方がもっと良いぞ!とのこと。
でもテキサス・スター・パーティの会場は今回行ったところより良いと思うと言われたので、私のやる気スイッチが少し入りました。