さて、TSPの話に戻ります。
当パーティに集まるのはベテランの星好きだけではありません。望遠鏡を持っていなかったり(do not own a telescope or binoculars)、旦那や親に無理やり連れて来られたり(were dragged out here with your spouse, significant other or parents)する人たちがたくさんいます。
TSPではそんな方々の為に幾つかのプログラムが準備されています。
イメージ 1
 
そのひとつがNovice(初心者) Club。
以下に示す天体の中から10個を捕らえることができたら以下の写真のようなピンバッジがもらえます。(写真はテーブルマウンテン・スター・パーティの時に私がGetしたもの。因みに上の写真はオレゴン・スター・パーティの時のものです。)
 
黄道光、ポルックス、土星、ペルセペ星団、しし座(?マークが反転した星の並び)、レグルス、火星、北斗七星、北極星、からす座、オメガ星団、髪の毛座、アークチュルス、スピカ、かんむり座、ヘルクレス座、M13、北十字(はくちょう座)
イメージ 2
 
観察にあたっては星座早見の使い方や北の方角等を他人に尋ねるのはOKですが、できるだけ自分だけで簡単な星図をもとにやって欲しいとのこと。その方が達成感がありますからね。
 
それからTSP Ladiesという女性限定のプログラムもあります。
昼下がりに紅茶を飲んだり、ブリッジやジグソーパズルをしたり、上記Novice Clubのやり方をシェアしたり、色んなことをやります。まあ、はっきり言って酒を飲まない女子会ですね。
このLadies Clubの凄いところはDress Codeがあること。つまりドレスかスカート/ブラウスを着てお洒落して行かなければならないのです(帽子はオプション)。
旦那の機材で一杯の車の中に奥さんのドレス、靴、帽子、アクセサリ、化粧品等が皺にならないように詰め込まれるというのは素晴らしいですね。
 
双望会でもやったら如何でしょうか?帽子のケースを積むのだったらもうひとつ機材が積めるのに、、。なんて思う旦那も出てきそうですが、、。