本日、会議の後でChrisが「テキサスはどうだったか?」って聞いてきました。「行くのを止めた」と答えると、「それは残念だな、でもオレゴンには俺も行くから一緒に行こう」とのこと。
OSPの調査を始めなくては。
それから先ほどRonからメールが来て、自分の不在中でも庭を使ってStar Party開いても良いとのこと。
なんだか急に星の話が増えてきました。
 
では恒例のS&T誌からの情報をひとつ、、。
イメージ 1
小惑星のケレスとビスタが接近しており、双眼鏡では今でも同一視野に捉えることもできますが、アメリカでは重要な日である7/4(独立記念日)にはふたつ者が10'まで接近するそうです。明るさはケレスが8.4等でビスタが7.1等。望遠鏡だと数十分で移動がわかると思います。
 
場所はおとめ座のζ星の近く。こういった地味な話には皆さんの反応があまりないのですが、わざわざ小惑星を見る機会もないでしょうから眺めてみてください。先日紹介した老人星とセットで、、。