今回はスポーツの話題をまとめて、、。
 
マリア・シャラポワが全仏オープンで優勝しましたね。(テレビで見ました。)
17歳の時にウィンブルドンで優勝した時はスタンドにいきなり駆け上がったり、携帯電話で母親に電話したりしてたいへん無邪気な彼女だったので、今回のTrophy Speechで何を言うのか期待していましたが、コーチや親、観客に対して静かな口調でお礼を述べるなど終始大人のプロプレーヤーとした態度でした。小さい時に渡米している為、英語の発音は完璧であり、流暢だけど訛った英語の準優勝のシモーナ(ルーマニア)がとても貧弱に見えました。
イメージ 1
 
ところでこちらでは開幕まで3ヶ月もあるのに、アメフトがヒートアップしつつあり、今週は会社の敷地内に写真のような仮設ステージ及び巨大スクリーンを設けてシーホークス優勝イベントが就業時間中(14時~)に行われました(選手が専属のマーチングバンドとチアガールとともにやって来た)。
選手紹介前にスピーチした会社のCEO登場時には会場の主にメカニックからブーイングが、、。こちらでは労使紛争が絶えませんからね、、。CEOはアメフトと我々の仕事はSimilarである。皆で協力して常に勝ち続けなければならないからと述べていました。
おそらく1,000名以上のマネージャから参加を許可された従業員が集まり大変盛り上がりました。一部の人は選手のサインを求めて頑張っていましたが、翌日にはそのサイン入りのGoodsが結構な高値で売り出されていました、、。
 
来週はヤンキースが今年の最初で最後のシアトル遠征をします。まだ先発投手の発表はありませんが、ヤンキースもマリナーズもローテーションをしっかり守るので6/10に田中vs岩熊の元楽天対決が行われることが濃厚になりました。もちろんチケットは購入済み。バックネット裏です。
 
日本人選手といえばなでしこJapanの川澄奈穂美選手が現在Seattle Reignというチームに所属しています。(今シーズンだけ)
これについては話したいことがたくさんあるので、次回書き込みます。
 
それから男子サッカーも目が話せません。サウンダースが14試合終わったところで首位を走っています。因みに女子チームも首位です。
 
男子バスケ、アイスホッケーは地元のチームがありませんが、現在テレビでFinalをやっている最中なので、観るのに忙しいです。
 
女子バスケは世界のポイントガードと呼ばれるSue Birdが怪我から復帰しましたが、身体能力の高い選手がいないことに加えて2010年の優勝メンバーが3人しかいないので、開幕から苦戦しています。
40分間で60点くらいしか取れないチームになっていますので、平均で80点以上取ってしまう西地区のフェニックス、ミネソタ、LAにはなかなか勝てないです。
ですから昨日朝の時点で2勝6敗。昨夜のゲームは開幕7連勝(昨年からの連勝が15)中のミネソタでしたので、諦めていたのですが、Stormはディフェンスを必死に頑張り、第3クォータを11点、4クォータの5分間を僅か2点に抑えて65対62で勝利しました。ほんとに感動しました。次は敵地で絶好調のChicagoなのでタフなゲームとなりますが、頑張って欲しいものです。