前回のブログで双眼鏡でのお奨め天体の追加分(13個)がAstronomyのWebサイトにあると紹介しましたが、読むにはDigital Issueの購読が必要でしたので、私が紹介いたします。
 
一つ目はかんむり座の美しい2重星であるν星です。オレンジ色の5等星が5'離れて輝いています。これらは地球からの距離が同じでしかも同じ質量。でも連星系をなしていないというのですから不思議です。
 
次はM5。そしてM10, M12, M92と続きます。(球状星団シリーズですね。)
 
そしてB142とB143を合わせたバーナードE。空が良ければ結構楽に見えますね。
 
イメージ 1
 
それからM21が紹介されていますが、M25やM8, M11、M7やM6の方が興味深いと思うのですが何故M21なのかな??
 
そして19世紀の天文学者が肉眼で見ると彗星のようだったことから名づけたFalse Comet。これはさそり座の下の方にあってζ星が彗星のヘッドになり、NGC6231散開星団が尾になります。
 
それと近くのCollinder 316やNGC6242も見逃せません。
 
最後を飾るのはM29。地味ですねえ。
 
以上、25個を紹介しましたが、少し倍率の高い双眼鏡での観察が良いでしょうね。