本日、米国女子サッカーのチャンピオンシップゲーム(シアトル対カンザスシティ)が行われたので観てきました。
注目の川澄選手はこのリーグのベスト11に選ばれました。凄いですね。
ですからこの勢いで彼女にとっての米国最後の試合を決めてもらいたかったのですが、残念ながら2対1で負けてしまいました。
イメージ 1

川澄のワイド・オープン状態でのヘッドやラピーノのゴール前のシュートなど、あと一本決まればという感じでしたが、少ないチャンスを強靭な身体能力を使って活かしたカンザスにやられました。
イメージ 2

イメージ 3

キムやエリ、ジェスも狙いますが、、、
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

後半のAdditional Timeで決定的なチャンスを得ますが、頼みのラピーノが外し、万事休す。
イメージ 8

その一連の攻撃の時、GKのソロはハーフウェイラインよりもずいぶん前にいました。
イメージ 9

試合終了後のシアトル11。ほんとに残念そうです。
イメージ 10

今回は日本からどこかの放送局が来ていたので、川澄選手は試合後ずっとインタビューを受けていました。
その時の写真も撮りましたが、表情がかなり悪かったので、掲載を止めました。おどけた以下の写真のみ載せます。
イメージ 11

ところで昨日は米国男子サッカーリーグ・西地区で首位を走るシアトル・サンダースとコロラドの試合も観てきました。
席は前から5番目。男子は女子よりも遥かにディフェンスが良い為、なかなかチャンスが生まれなかったのですが、米国代表のデンプシーが決めてくれました。

おっと、大切な写真を添付忘れ。
日本で密かに人気が出ているCoxの娘の写真。
イメージ 12