今年もNFL(アメリカンフットボール)が開幕しました。
開幕と前回のスーパーボウル制覇のセレブレーションが行われるということで、チケットの価格がかなり高かったのですが、こんな経験めったにできないと思い、$280払ってスタジアムに行きました。
当日は試合前にグラミーショー受賞者のファレル・ウィリアムスの無料コンサートがある為試合が始まる3時間以上前から会場周辺は人でいっぱい(平日なのに)。私がよく使う少し離れた駐車場の料金も$50と凄い価格でした。(先日の野球の時は$5、サッカーは$20だったのですけどね、、。因みにスタジアム近くの駐車場は$70でした。)
イメージ 1
試合にはプロが使うようなカメラを持ち込めない為、友人による写真を掲載しています。少しお画質が落ちますが、、。

対戦相手は人気チームで、2011年のMVPアーロン率いるGreenbay Packers。
でもSeahawksは圧倒的な強さを見せ付けました。(幾つかのミスから16点は取られましたが、しっかり20点差を付けて余裕で勝ちました。)
圧巻だったのが、第3クォーターのSeahawksのパントからのシリーズ。4th Downで敵陣40ヤード付近からパントなのですが、蹴り過ぎるとタッチバックとなり相手の20ヤードからの攻撃になる為、10ヤード付近を狙うと良いよね。なんて友人に話しながら観ていると、ほんとにジョン・ライアンが10ヤード付近に蹴り上げました。
そして次のPackersの攻撃で、SeahawksディフェンスはプレッシャーをかけてQBのアーロンのファンブルを誘い、エンドゾーンに転がったボールを相手が押さえてセーフティ!!(2点獲得+Seahawksの攻撃権を得ました。)
パンターやディフェンスの頑張りが試合を決定付ける活躍を一例です。

イメージ 2

攻撃ではRBのリンチが100ヤードを超えるラッシングを決めて2TD獲得。上の写真はそのリンチのTDシーンです。スーパーボウルでも大活躍したパーシーハービンもロングゲインを何度もして盛り上げてくれました。

イメージ 3

約7万人のファンの声援は今年も健在。相手攻撃時のコミュニケーションを何度も阻害し、混乱させるのに貢献しました。
また、観戦中、前に座っていたアメリカ人が私の声と顔から判断したのか「日本人か?」って聞いてきて、東京について話したり、プレーに関する批評をしたりと楽しく過ごすことができました。

それから宿敵サンフランシスコ49ersのジャージ(赤色)を着たファンが近くに一人いたのを発見した我々の周りの人たちが彼に向かって大ブーイング(試合中なのに、、)。今年も49ersファンとは激しい戦いになりそうです。

OSPの話はまだ少し残っているので次回にしますね。