双望会初日の昼間の天気は晴れ!
昨年同様、14時の受付前に入り口の駐車場で太陽を見せてもらうつもりで1時間前に到着したのですが、あまり人が集まっておらず、若干拍子抜けしました。
でもじろーさんが既に望遠鏡を出しておられましたので、早速太陽の観察開始、、。

「すっごい!!」
思わず声が出ます。太陽面を這っているような巨大ムカデ(ダークフィラメント:プロミネンスを上から見たものらしい)がいて、でっかい肉眼黒点もあります。
プロミネンスもたくさんあって超印象的な眺めでした。
巨大ムカデは太陽の亀裂を縫った様にも見えて面白かったです。
やっぱりじろーさんの望遠鏡はよく見えますね。きたかるさん製作Lavendura 30mmアイピースもコントラストアップに貢献したのでしょう。
私が持参したフード付きベストをかぶることでより快適な観察ができました。
イメージ 4


そうこうしているうちに太陽望遠鏡のフラッグシップをお持ちのK_Nebulaさん登場。
早速組み立てて頂き、覗きます。
イメージ 1
これまた凄い迫力です。口径が大きい上にチューニングがよくできているからでしょうね。

写真は無いのですが、ヤスさんの望遠鏡の見え味も良かった。
夜に食堂で我々と歓談しながら画像処理をさらりと行い、物凄い画像を作成されたのには驚きました。

ところでK_Nebulaさんは口径1mの特大反射鏡も持ち込まれていました。
その名は"Solar Cooker"
イメージ 2
文字通り太陽の光を集めて調理できるもので、写真の鍋のお湯が20~30分で沸いていましたし、ソーセージも美味しく頂くことができました。
この反射鏡、ファインダも付いていました。本格的ですね。
イメージ 3

K_Nebulaさん、じろーさん、ヤスさん達のおかげで太陽を思う存分楽しむことができました。
ありがとうございました。