先日Yahooにネットからの情報のパクリについての記事が出ていました。
ネット上に転がっている記事を転記して「XXXから引用」とか、勝手にアドレスをリンクするのも不可など、、。
 
私もSky&Telescope誌(http://www.skyandtelescope.com/)やAstronomy誌、スポーツのサイトから情報を取得して披露していますが、もちろん転載許可を直接頂いております。
でもS&T誌の転載許可は10年以上前になるので、今回確認の為メールしてみました。
するとメール送信の5分後には担当のCamulleから回答が、、。
5~6回のメールのやり取りの末、彼女からはSounds Goodとの返事が来て、転載の承認を得ることができました。
 
現在はS&T誌もデジタル版があるので転載って容易ですよね。ですから以前は情報元:S&T Magazineと明記するだけで良かったのですが、今は写真の使い方、文章の引用の仕方からリンクの貼り方まで様々な規定ができていました。
 
特に天体の情報(彗星の位置予測や見え方の紹介等)については、雑誌というよりその記事の著者に転載の確認をすべしとのことでした。勝手にリンクするのは著者の思いと異なる場合があるそうなので気をつけよとのこと。特に我々のように著者と異なる言語(日本語)を用いているサイトで使用する場合についてはしっかり確認するよう言われました。
 
また、文章をそのまま転記することは不可といわれました。誤った解釈を防げてよいのかと思いましたが、著作権の問題のようです。難しいですね。
 
本件、S&T誌に限らず他のサイトにも適用すべきと考えます。
情報を売って食べている人もいるわけですので、皆さんも情報を集めて開示する時は、気をつけてください。我々が訴訟の対象になることはあまり無いと思いますが、一般人の最低限のマナーとして。
 
私のブログやホームページの記事は勝手に使って頂いて結構です。
写真も特に著作権を主張いたしません。
 
イメージ 1
 
上の情報は承認された方法に基づきこのページで開示しております。
 
ところでS&T誌で最近大きな広告が出ていたポタ赤(Sky Adventure)が日本でもスカイメモSとして発売されるようですね。
高精度は望めないようですが、ポラリエとかよりは大き目のカメラが載せられそうです。
米国では既にWebサイトで売り出していたのでアクセスしたのですが、まだ購入はできませんでした。
今はヨーロッパとカナダくらいで購入可能かな?