昨日届いたSky Trackerが動かなかったので、状況を確認の上、iOptronのカスタマーサービスにメールすると、すぐに回答が来ました。
イメージ 1まずは裏ぶたを外して幾つかの調査をして下さいとのこと。

回転するホイールがケースの壁と接触していないか?←もちろん干渉なし。(1mm以上のクリアランスがあったのですがこれが接触する可能性があるってどういうこと?と思いました)

それからモーター及びそのギヤを取り付けているプラットフォーム(上の写真の上方)の取り付けネジを緩めてホイールとの繋がりを解き、単独でモーターの動きを確認する←モーターはスイッチを入れた直後に少しだけ(Several Tenths of Second)回るが、そこに繋がっているギヤの隣のギヤがブレーキになって回転が止まってしまった。

モーターが小さくトルクがあまりないことが原因の一つでしょうが、トーレンスのレコードプレーヤーと同様、モーターを極限まで小さくして振動の発生を抑えることを考えているのでしょうね。一方で伝達ロスを防ぐため高い精度が必要で今回のようなトラブル発生のリスクも抱えることになる、、。

これ以上の調整は私には無理なのでiOptronに送り返すことになりました。
しかし、ユーザーに蓋を開けさせてネジを緩めることまでさせるとは、さすが’米国ですね。まあ、これが最も早い方法ですけどね。

サービスの人は現地時間の7時まで対応してくれました。5回ほどのメールのやり取りをしましたが、丁寧な対応は好感が持てました。


明日はRom Tam Star Party!
そこで写真撮影をしようと思っておりましたが、残念ながらできません。固定撮影と62cmを覗かせてもらうことに集中する予定です。