写真は昨年のオレゴン・スター・パーティでの講演会の様子です。
イメージ 1
TSPでもこのような感じになると思われます。
観客が少ないとつまらないのですが、私の講演の前はイギリス人の凄そうな人の話なので、つかみさえうまくやれば、観衆を引き止めることも可能だと思います。
Shakilはテキサスの大学を出ていますので、テキサス人をけなすか喜ばすかすれば行けそうな気がします。

最大の関門は、望遠鏡の写真だけでどうやってそれらの良さを伝えるかということです。
使う言葉としては「まるで宇宙船から見たような感じ」とか「疲れない」とか「天の川の中に漂っているよう」とかですかね。
私は星の観察の時に利き目である左目で見る傾向があり、両眼視が不得意なので(右目が弱いわけではないのですが)、双眼望遠鏡の良さをそれほど理解していません。
12x36双眼鏡は使いこなせていますが、、。

もし良い表現があったら教えていただけませんか?

Ninjaについては良いところをたくさん知っており、うまく説明できそうな気がしています。