たまには天文の記事も載せなければなりませんね。
下の写真は肉眼で3等星が見えないアパートのバルコニーから撮ったものです。
イメージ 1
ご存知 M81/M82/NGC3077です。
Nikon D3s 70-200mmにテレコンを付けて340mmで撮影。F4.8開放、ISO10000まで上げて30秒露出。それをトリミングしました。M81は腕っぽいのが見えています。

9等級後半のNGC3077が写るということは、自宅でポタ赤とカメラを使うだけで明るめの銀河が撮れちゃうということですね。メシエはもちろんですが、NGCも行けちゃいそうです。

空の良いところに行けば超お手軽システムで笑っちゃうくらい写りそうですね。もちろん雑誌に入選するレベルではありませんが、ブログでの銀河の紹介記事には充分使えそうです。