先日サッカー観戦のついでにダウンタウンを観光していると、偶然写真のような看板が、、。
イメージ 1
バンクーバー インターナショナル ジャズ フェスティバル。
このような催しがあることは知っていましたが、まさかこの日にあるとは、、。超ラッキーでした。

会社の若い人と一緒に来ていたのですが、彼があまり音楽好きではなかった為、長く観ることができませんでした。
でもそこそこ楽しめました。
イメージ 2
昼間は野外ステージが中心で、上の写真のように日差しがきつかったのですが、それほど暑くありません。
で、演奏していたのは高校生。
イメージ 3
トロンボーン、アルトサックス、キーボード、ベース、ドラムのクィンテット。主に中国系の人たちでしょうか。品行方正、襟を正した超真面目な演奏。
アドリブも順番に決められた長さだけやっている感じ(16小節くらい?)、、。
面白いMCもなく、プレイヤーの名前を紹介するだけのシンプルなライブ。

曲はMy Favorite Things(そうだ、京都行こうのCMの曲)やNight in Tunisia等のスタンダードをあまり面白くなさそうにやっていました。
でも初々しくて良かったです。

上の写真の左上に写っている足は、、、
イメージ 4
バレエの練習をしているところでした。それを眺めながらJazzを聴くのもなかなか。

次に観たのは如何にもプロっぽい愉快な演奏。
イメージ 5

イメージ 6
アコーディオンを抱え、左手で演奏しながらトランペットを吹いています。
それ自体はそれ程凄くないのですが、リズムセクションがしっかりしているので心地よい、、。
ですから、、、
イメージ 7
小さい女の子が踊り始めちゃいました。かわいい!!

最後のステージは結構有名な人らしくかなりの観衆がいました。
イメージ 8

イメージ 9
オリジナルのJazz Rockが中心のごきげんな演奏。どこの人たちか知りませんが海外ツアーも結構やっているようで、客とのコミュニケーションも上手でした。

屋外Jazzの良いところは気軽に踊れることで、
イメージ 10
子供を抱えた人や結構な年配の人まで踊りまくっていました。

全て無料で好きなだけ聴けましたし、近くに寄ろうと思えば簡単にできました。
夜にはもっとエキサイティングな演奏があったようですので、前夜から来ればよかったと若干後悔しています。