OSPでは様々なゲスト・トークがありますが、その中で私が注目しているものの一つがHoward KnytychによるLimiting Magnitudeという講演です。
イメージ 1

空の状態を伝えるために肉眼で見える最微恒星を示すことがありますが、皆さんはどのようにして測定していますか?
何年も前になりますが、私は自分のホームページで測定方法を紹介しました。空の特定の部分において幾つの星が見えているのか数える方法です。
例えばはくちょう座だったら以下の絵に示すγ、δ、ε星で作られた三角形の中の星の数を数えてそれを右の表に照らし合わせて極限等級を得るというものです。
イメージ 2

講演者のHowardも同様な方法を取っているようですが、人により視力が異なるため共有が難しいと言っています。やってみればお分かりのようにそらし眼でカウントするのって結構疲れますし、時間もかかります。

OSPでの講演内容は明確でないのですが、そのあたりの話があるようで、楽しみです。