古新聞になる前にOSPで撮影したペルセ群の写真を載せておきます。
イメージ 1
上の写真は1分半ほどの間に輻射点近傍に発生した3つの流星を捉えたものです。
Free Soft "Deep Sky Tracker"による合成写真。バランスよく発生してくれていますよね。ほんとにラッキーでした。

輻射点から吹き出すような複数の流星を撮りたくて30分ほどタイムラプス撮影をしましたが、ポタ赤に載せていたにもかかわらず、電源を入れなかった為、星が動いてしまいました。

後で比較明合成をしましたが、星の軌跡があまりに強く、上の写真に写っているような短い流星が見えにくくなってしまいました(その写真はボツにしました)。薄明時の写真ということもありますが、、。

この一連の写真撮影で他にも10個近く捉えましたが、流星の明るさが不充分で合成写真にはできませんでした。

次の写真はペルセ群以外の流星。1コマ25秒間に2つ写っていますが、明るい方は人口天体かもしれません。ただ、前後のコマには写っていなかったので、流星であると信じています。
イメージ 2

今回のOSPでは流星の写真が1枚くらい撮れたらいいなと思っていましたが、思いの外Getできました。