本日、リトルリーグの世界大会決勝で、日本チーム(東京)がペンシルバニアを18対11で下し、優勝しました。
写真はリトルリーグとは無縁の先週行った我々のソフトボール大会の様子です。キューバから亡命してきたIdelのバッティング。
イメージ 1

リトルリーグの決勝は4万人以上の観衆が集まり素晴らしい盛り上がりでした。
昨日のメキシコ戦でわずか2安打、1得点の日本は序盤で10対2と大きく離されますが、その後相手投手を滅多打ち、3回には11対10と逆転します。

その後も打ちまくり、24安打18得点と決勝戦の記録を作って快勝でした。

この試合で甲子園を沸かせた清宮選手の弟もヒットを打ち活躍。でも彼が打席に立つたびにお兄さんの話ばかりが出て来ていて、本人はあまり注目されていませんでした。

今大会、メキシコ戦やベネズエラ戦でギリギリの勝利を果たし、決勝も一時は一方的にやられるなど厳しい状況の日本チームでしたが、最後まであきらめずに頑張りました。
こちらでは試合中、打たれまくって泣き出してしまう米国人の投手や超礼儀正しい日本の子供たちに感動した人も多かったと思います。

でもこの素晴らしい結果がネット上のどこにも出ていないのがとても残念に思いました。
未来のスターもいる筈なのに全く注目しない、、。日本のメディア、野球協会はどうなっているのでしょうか?