双望会ではこういった感じのショーも行われました。
イメージ 1
最終日の小雨の中、四阿(あずまや)におけるCivetさんによるギター演奏。

ビル・エバンスのビレッジバンガードのライブ(1961年)でのワルツ・フォー・デビーのピアノの長いアドリブを再現。
本人談で全体の80%をコピーできたとのこと。
ジャズファンならだれでも知っている軽やかな唄うようなアドリブを忠実に再現され、とても気持ちが良いひとときでした。

ロビーに戻るとK_Nebulaさんが持ち込まれた充電式電池によって暖かくなるジャケットの試着会が行われました。
K_Nubulaさんはいつもチューンされた望遠鏡のみならず、様々なGoodsをお持ちになります(昨年はソーラークッカーでしたね)。
イメージ 2
このジャケット、とても軽くて暖かい。バッテリも手のひらサイズで取り外し可能なので、ジャケットの洗濯も可能です。
みんな次々に試着し、暖かさやサイズの確認をされていました。