先日標記ファインディングチャートを作ったのですが、忙しくて掲載できていませんでした。季節外れですが今回載せます。
イメージ 1
肉眼で2等星までしか見えない空で、ニコン1に例の50mmF1.4を付けて撮影。

丸で囲んだ6つの星とM31/M32との位置関係を頼りに青い線で繋いだ星を見つけます。左から2番目の2重星と一番右の2重星が印象的です。
そしてこれとこの付近の星との位置関係から黄色い矢印の先のG1を導くことができます。
なお、○の中の星と青い線で結んだ星は50㎜のファインダーでもみえます。