北天グルグルの写真を撮影するのに最適な場所を見つけて到着した時にはほぼ快晴になっていました。
ほんと、ラッキーです。

結構広い場所だったので、走り回って北極星とSpearhead Mesaとの関係の良いところを見つけて10分露出した写真がこれ↓
イメージ 1
24mmをF3.5まで絞って撮影。
絞りや露出を決めるために短い時間の撮影を何回か行いました。
現地でぶっつけ本番で構図、露出を決めるのはなかなか大変でしたけど、そこそこの写真が撮れました。
中央上部に写っているのは二重星団。
空が青っぽいのですが、メサの色は肉眼で観たのと同じ感じです。

星の動きを止めた写真にも挑戦しました。
絞りF1.4開放で10秒の露出。
試し撮りだったのですが、NX2でポストプロせス(トーンカーブ調整)をしたらそれなりに見える写真が得られました。
イメージ 2
長時間露出のセットをし、いったんカメラから離れると、どこにカメラを置いたのかわからないくらい暗かったのですが、、。

10分も露出していると暇なので、Nikon1を南に向けて星景写真も同時に撮りました。
イメージ 3
フルサイズ49mm相当、F1.8開放、ISO3200で2分露出。ノイズにより星に着色があり、拡大するとカラフルな斑点が見られますが、特に消すような処理はしませんでした。

見えている風景はTotem Poleという棒状の岩です。

低空に雲があった為、シリウスが肥大してしまいました。
雪とシリウス、シルエットとなったTotem Poleが冬の雰囲気を醸し出していると思います。