今晩は久々に月を観ました。
シーイングはあと一歩って感じでしたが透明度がとても良かったので面白かった。
イメージ 1
上の写真情報に写っている超複雑なMons Penck(ペンク山)。そしてその北側の海に見られる色々な皺、、。
イメージ 2

Mare Serenitatis(晴れの海?)にもまるでムカデのような捩れた皺がありました。

その他いつもの粉砂糖もたくさん見られ、Ethos13mmの160倍やライカズームの200倍以上で堪能しました。

木星も透明度が良かった為、模様が濃く、大赤斑やその前方の模様、衛星の真っ黒な影など楽しかった。
M104ソンブレロ銀河やM5球状星団もはっきり見えてとても充実した1時間半でした。