午前中に花の写真を撮っていたら、小さな蟻が自分の身体の何倍もある甲虫の死骸を運んでいるところに遭遇。
頑張る蟻にピントを合わせたかったけどできなかった為、タイトルを甲虫中心にしました。
イメージ 1

すっごく重そうで、何度も咥えるところを変更しながら引っ張っていました。

天気が良いと色がきれいに写りますが、モニターが見難くなるので難しいです。