今日は自宅でお月見をしました。
上弦の月の欠け際ってイイですね。見所が多くて全く飽きない!

プラトーの中のクレータは4つしか見えなかったけど、中に映し出された影が女性の顔をくっきり表していてとても良かった。

コペルニクスも欠け際にあったので中が真っ黒でちょっと不気味な感じ。
その南側に小さな無数の起伏が何千キロも続いていて圧巻。
欠け際から内部に目を移すと表面の色の違いが良くわかって面白い。

そして最高に面白かったのはクラビウス!!
最初は真っ黒な内部に2つの輪がまるで銀河鉄道999の車掌のように現れ、その後それらのリングから彗星のような尾が出てきました。
近傍には5~6個の点がまるで星のように、、。
これらの点は近くの地形の一番高いところのようです。
ほんと、キラキラしていて綺麗でした。
イメージ 1
スケッチで表現しようとしましたが全くできなくて、、。
iPhoneのコリメートで撮った上の写真から想像してください。(彗星の尾のようなものや幾つかの点が写っているでしょ)。