星やお酒を楽しむVIRGO会のメンバーとスペイン・バルの2階にあるBarに行ってきました。
その店は酒の種類が多くてスペイン料理がとびっきり美味い!
ほんとにどの料理も素晴らしかったけど、オリーブがずば抜けていました。
いつもアメリカの雑な味のものばかり食べていた私にとってオリーブの美味しさは発見でした。

先日の神戸出張の時に久々に飲んだSpringbank(英国Campbeltownのシングルモルト・スコッチ)が美味かったので注文すると、アルコール濃度が高め(54度)の限定品が出てきました。(18年だったかな?)
これがスモーキー/フルーティーでいい感じ。
バーテンさんのちょっぴり潮を感じるでしょ!という説明に最初は納得できませんでしたが、一緒に出された水割り用の水を少し加えたら香りや味が立ってきてよくわかりました。
やっぱりシングルモルトはストレートと水割り(氷なし)の両方で楽しむものですね。
イメージ 1

次は先日までTV放送やっていたBarレモンハートで紹介されたWet By Beafeaterを頼んだら貴重なもので出せないとのこと。代わりに香りが素晴らしいGINを紹介してくれました。
上の写真、真ん中のG-Vine。フランス・シャンパーニュ地方のぶどうを使ったGIN。香りは超フルーティで味もすごく滑らかで良かった。

次にイギリスのGINを飲んだ後、最後は発売されたばかりの国産GIN「季の美」。
米、柚子、山椒、玉露を使ったまさにJapaneseって感じの上品かつ爽やかなGINでした。

VIRGO会のメンバーは地元のフルーツを用いたカクテルを頼んだりして、終電ぎりぎりまで楽しみました。

おしゃれな店だったので写真はiPhoneで控えめに撮りました。その為あまり良い写真になっていません。