先ほど撮影した昼間の金星です。
望遠鏡を用いず、Nikon D3sに70-200mmF2.8と1.4倍テレコンの340mmで撮影。
若干トリミングしました。
イメージ 1
露出をオートにしちゃったので、金星に対しては若干露出オーバーのようです(お手軽撮影だから気にしない)。

金星は模様が写らなければかなり地味なので、雲があるとリアル感があってイイですね。
動画も貼っておきます。約90分の動きです。

ところで今朝の木星ですが、目立った模様こそありませんでしたがNEBの赤道側のアーチ、フェストーン、ブラック・スポット等がかなり複雑で見ごたえがありました。
SPR(南極域)は、くっきりと白っぽい帯が見られるようになり、先週とはかなり異なります。
また、STBの赤道側にDark Spotがありました。最初はOval BAかと思いましたが、明らかに色が異なる、、。これも先週には見られなかった新しい模様ですね。
SEBの中心部にも黒い斑点があり、衛星の影かと思いましたが、たぶんこれもDark Spotでしょうね。

シーズンはじめは目が慣れていないので表面観察が難しいのですが、今シーズンも既に10時間以上観続けているので少しずつ把握できるようになっています。
視直径もこれから増すのでほんと、楽しみです。
銀河どころじゃなくなってきています、、。