開館後すぐに入場しました。
正面には大きなフーコー振り子がありなかなかの存在感。
でもスルーして人がまだ少ない展示室へ、、。

まず目についたのは綺麗な色をした望遠鏡。
無造作に置いてありました。
イメージ 1
標準レンズで室内を撮るのは難しいですね。でもアメリカは室内が広いので何とかなりますが。
イメージ 4

この望遠鏡は1888年に製作された5.5インチ屈折赤道儀です。LAで初めて運用されたようですね。広く一般に公開していたとのこと。
イメージ 2
ハレー彗星もこれで見たんだろうなあ。
でも局部的にしか見れなかったのでしょうが、、。

この望遠鏡、アリゾナで見かけたLowellのものに似ています。下の写真参照。
イメージ 3
これは6インチF14.7だったと思います。時期も同じくらいなので同じような設計図から作っていると思います。

どちらもどんな見え味なのか興味がありますよね。