グリフィス天文台と言えば”夜景”と"ララランド"と”ジェームスディーン”で有名ですが、我々はこれを忘れてはいけません。

ツアイスの30cmF16.7巨大屈折望遠鏡です。製造は1931年。
私はこれを覗く為にこの天文台に来たのでした。夜景はおまけ!(でも結構面白かった)。
イメージ 1

焦点距離が5m近くもあってすごい迫力です。

イメージ 2
左側のドームのところから続く人の列がお分かりになりますでしょうか?
列の左後方が西になり、ちょうどハリウッドサインの近くに太陽が沈んでいきました。私の前には20代の韓国人のめちゃかわいい2人組がいて大はしゃぎ。私も一緒になって盛り上がりました。

さてドーム内部で木星の観察開始です。
イメージ 3
アイピースはミードの35㎜が刺さっていました。
147倍ですね。

思っていたよりもコントラストがついておりませんでしたが、縞模様はもちろん、大赤斑の内部やその縁取りなど、とても30㎝とは思えない素晴らしい像でした。
シーイングが良いし、屈折なので、像が全く揺れないのもイイ!!
みんなが待っているので、仕方なく10秒くらいで止めましたが、良い経験をしました。

イーソス17mmくらいを付けて1時間くらい観たかったなあ。
と後ろ髪を引かれる思いでドームから出るとそこにはロスの夜景が!!
これまた凄い景色で、木星より感動した人が多いんじゃないかな。
韓国人美女二人も超盛り上がっていました。

私はこの後、数日前に紹介した夜景を撮る為に丘をのぼりました。