最近、太陽の活動が活発なので、SpaceWeather.comを見ていたら、来月に2012 TC4という大きさ16mの小惑星が月までの距離の1/10まで接近するという記事がありました。
Recent & Upcoming Earth-asteroid encounters:
Asteroid
Date(UT)
Miss Distance
Velocity (km/s)
Diameter (m)
2017 OP68
2017-Sep-10
20 LD
11.7
262
2017 QK18
2017-Sep-11
14.8 LD
7.8
45
2014 RC
2017-Sep-11
15.1 LD
8.9
16
2017 PR25
2017-Sep-23
17.9 LD
13.5
239
1989 VB
2017-Sep-29
7.9 LD
6.3
408
2017 OD69
2017-Oct-01
13.2 LD
7.6
213
2012 TC4
2017-Oct-12
0.1 LD
7.6
16
2005 TE49
2017-Oct-13
8.5 LD
11.2
16
2013 UM9
2017-Oct-15
17 LD
7.8
39
2006 TU7
2017-Oct-18
18.7 LD
13.3
148
171576
2017-Oct-22
5.8 LD
21.2
677
2003 UV11
2017-Oct-31
15 LD
24.5
447
http://www.spaceweather.com/site_images/spacer.gif
Notes: LD means "Lunar Distance." 1 LD = 384,401 km, the distance between Earth and the Moon. 1 LD also equals 0.00256 AU. MAG is the visual magnitude of the asteroid on the date of closest approach.

この小惑星は以前から注目されていたようですが、最近の観測から3万キロ以内には近づかないようですので一安心です。
でも天体観察を趣味としている人にはちょっぴり残念かな??

この小惑星、最も近づくのは日本の昼間でその時の予想光度は12.8等。
夕方になると光度が落ちる筈ですから望遠鏡を用いても我々が観測するのは簡単ではないでしょう。

小惑星の接近といえば2013年にあった2012 DA4(大きさ45mで3万キロまで接近)が印象的でした。
その時に私が撮影した写真と動画を載せておきますね。
イメージ 1