Eclipse Megamovieチームは7年後の北米皆既日食に関する話を既に始めております。
簡易赤道儀で追尾すべきとか、400~500mmクラスの望遠レンズが好ましいとか、いやそれだと飛行機で運ぶのが大変だとか、、。
みんなで知恵を出し合ってより良いものを作ろうという意気込みが感じられ、とても愉快です。
今回の企画は初の市民参加型で、Webを使ったセミナーや話し合いを何度も行い、リハーサルもやって、誰もが成功だったと述べているのですが、Movieの質はまだまだで改良の余地があります。
これから世界中の人とコミュニケーションを図りながら良い方法を見つけていくというのはエキサイティングですね。
因みに本プロジェクトは今のところ撮影後の画像処理は考えていません。一発撮りかつ画像処理処理なしでどこまでできるのかということも興味深いですね。