久々に星が見えたのでバルコニーにポタ赤を出して、雲間の天体撮影をしました。
カメラはミラーレスのNikon1。
これに40年前のNikkor 50mmF1.4を付けました。フルサイズ135mm相当。
絞り開放状態では液晶パネルでも2等星まで見えるので構図合わせも楽です。
イメージ 1

ノイズのせいかやや明るめの星にピンク色が載りますが、古いマニュアルレンズとしてはそれほど悪くないですね。
もっとも絞りを4.0まで絞ってますけどね。(露出は30秒)

肉眼で2等星までしか見えない空ですけど双眼鏡で見える彗星だったら捉えられそうです。C/2017 O1はチャレンジするのを忘れてました。次回狙ってみようと思います。