今晩は雪が僅かに舞う中、月を眺めました。
薄い雪雲の影響で透明度が悪く、シーイングの状態もよくありませんでしたが、椅子に座ってじっくり眺めると細かい地形がそこそこ見えてきました。

面白かったのは下の写真のMare Nubium付近。いろんな地形が朝の光を浴びているところの臨場感がたまりませんでした。
イメージ 1

写真の写りはかなり悪いですね。iPhone Xを使ったのですが、このカメラは色はよく表現できますが、ラチチュードが狭すぎる、、。すぐに白とびを起こしてしまいます。またNikon 1に戻ってみようかな。

薄明時のCopernicusも印象的でした。
綺麗な形ですよね。
イメージ 2
周囲に小さなクレータの連なり(Chains of Impact Craters)があり、それがかわいらしくて良かった。写真には写っていませんが、、。

2時間後には端正なCopernicusが完成しました。
イメージ 3

海の部分の色の違いも面白いですね。