コーチ:え~、今日は遠征地などでたまたま隣り合わせになった初対面の人が、どんなことに興味を持っているのか知る方法を紹介します。

少年A:初対面の人が興味を持っていることを知ってどうするんですか?

コーチ:何かを話すきっかけになるし、相手が自分より知識が乏しかったら上から目線で話ができるんだ。

少女A:なんか、いやらしいね。

コーチ:天文に限らず大人の世界なんて自慢とやっかみだらけだよ

コーチ:じゃあ、はじめるね。遠征地で隣になった人にぎりぎり聞こえるような小声でこうつぶやいてみましょう。
「次は4565にしようかな?それとも3521?やっぱ3115の方がいいや」

少女B:何の数字?

少年S:それって春の銀河のNGC番号だよね。

コーチ:さすが初登場S君、よく知ってるね。隣の人がこの番号に反応したら、たとえ6cm屈折望遠鏡しか持ってきていなくても銀河の観察又は写真撮影が得意な人で、天文初心者ではなく、マニアのカテゴリーに位置付けされる人です。

コーチ:じゃあ次は
4594, 4472, 4303、、。」

少年C:難しいなあ。これらも春の星雲・星団っぽいけど、、。

コーチ:これは前から順番にM104, M49, M61NGC番号なんだ。これに反応し、メシエであることが判る人だったらかなり凄いマニアか、ちょっとした変人かの何れかです。
次はこれっ
38万、15千万、4.3…遠いなあ!」

少女M:わかった、月や太陽、α健太売りまでの距離だよね。わたしはママと一緒にお洒落して勉強会に出かけているので知ってるよ。

コーチ:Mちゃん凄いね。でもまた変換ミスしているよ。これらの数字に強く反応する人は天文ソ○リエや天文○定などの初級クラスを目指して勉強している可能性があります。ですから太陽系の天体や星座に関する質問をすると喜んでいろいろ教えてくれます

少年B:コーチ、僕も考えた。こんなのどう? 90 /55 / 82


コーチ:B君、いやらしい目をしているよ。それってアグネス・ラムだよね。

少年B:すっげえ、じゃあこれは? 81 / 57 /81…これは難しいよ


コーチ:可愛かずみでしょ。彼女が表紙になっているGOROはオークションでそこそこの値が付いているんだ。

少女B:私のママの髪型が彼女にそっくりなの。でも周りからは河合奈保子?って言われるみたい、、。

少年A:そろそろ話を元に戻してよ。

コーチ:そうだね。では「62/70/80/81/103/105/115」

少年B:わかった。コーチの腹囲の変化の記録

少女A:きっとそうだわ。でも胸囲かもよ。

コーチ:みんなアイドルの話から離れられないようだね。じゃあ、ヒントを出すよ。「直径」

少年S:ビクセンの屈折望遠鏡ラインアップじゃない?80mm81mmを区別しているところがいかにもこだわりの強いビクセンぽいよな。


コーチ:よくわかったね。

少年S:父がビクセンのカタログを集めていたので。昔のカタログでは屈折望遠鏡の写真には天頂プリズムが付いていて下保茂先生のコメントなんかが載せられていたよね。

少年A:そうそう、ビクセンのカタログは眼鏡屋さんでもらえたらしいよ。一方で、TS式望遠鏡のは切手を数百円分送らなければもらえなかったんだよね。

少女C:この数字に反応した人への対処法は?

コーチ:ビクセンって実は高性能だよね。私も以前にポラリスR(10cmF10反射赤道儀)を持っていてOR6mmとの組み合わせで木星の縞が驚くほどよく見えたことを記憶しているんだ。と言いましょう。タカハシやテレビューの話はしない方が良いと思います。


コーチ:さて次の問題
2414 / 2814/ 3514 / 5014 / 8514

少年A8000番台があるのでNGCじゃないし、あっ、これっ下2桁の14がポイントのような気がする!

コーチ:良い視点だ!

少年B:死点??クランクシャフトの話?

コーチ:良いボケだ!!

少年S:ボケ?? それってカメラのレンズのことじゃない??大口径単焦点レンズ。utoさんも大好きだよね!

コーチ:正解!これに興味を持っている人はレンズ沼にはまっている可能性があります。

少女A:レンズ沼??

コーチ:病名の一種です。他には双眼病、広角アイピース病、日食病、南天病などがあります。双望会に行くと一気に感染する恐ろしい病気です。
レンズ沼にはまっている人が持っているレンズに金色の線または赤い線が入っていたら、こだわりがかなり強い人のようです。

少年A:金色や赤の線って何?

コーチ:純正ってことです。価格が凄いよ!!こういう人たちには「恐ろしくシャープだし、とろけるようなボケが素晴らしい。」という言葉で決まりです。

少女M:こーちぃ、そろそろ天体の話をして!

コーチ:じゃあNGC3395/NGC3396を導入して

少年・少女:はーい


イメージ 1
少女M:こーちぃ、何も見えません。

コーチ:蓋は外しているし、アイピースもまともだし、おかしいな。

少年A:コーチ、Mちゃんサンプリズム付けている!

少女M:えっ、駄目なの?ビクセンのカタログの写真見て真似したのだけど、、。

コーチ:サンプリズムとサングラスは外してね。それからフィンガーファイブのあきらくんのサングラスもね。

少女M:見えた。誰かが睨んでいるみたい。

コーチ:そう、これらは悪魔が睨んでいるみたいですので我々はデビルアイと呼んでいます。名付けたのはKさん。

少年B:これを観た人がデビルマンの歌を作ったんでしょ。

コーチ:残念。これを観たEvansがワルツ フォー デビルを作曲したのです。

少年B:ほんとかよ。俺が生まれる前の話だし。。

コーチ:といったところで今回はおしまい。次回もこの続きをやりますね。