今晩は帰宅後すぐにカメラとポタ赤をバルコニーに出してタイムラプス撮影をしました。3分間隔で9回の無人撮影。
その間にお風呂に入って温まりました。
それを重ねた写真がこれ↓星の動きに合わせて追尾しているので、このブレは月の星に対する相対的な動き(月の公転:1時間で月1個分)になります。
イメージ 1
ニコンD3s 200mmF2.8開放。クロップモードで撮影(300mm相当)
7コマのオートブラケット(-2EV~+2EV)を利用し、適正露出を探りました。

極軸のずれとカメラの重さによるたわみの影響が若干出ているようですが、月食にも何とか使えそうです。