1か月ぶりに岐阜に戻り、夕方から入念に光軸等を調整してから月や惑星の観察をしました。
欠け際で目立っていたのはBailly。直径が300kmほどもある巨大なクレーターです。
Baillyは"ベイリー"と発音すると思っていましたが、日本では"バイイ"と呼ぶことが多いようですね。米国では誰もが"ベイリー"と発音します。
Baillyはフランス人の天文学者とのことですので、フランス人の知り合いに確認したら発音は"ベイイ"でした。誰が"バイイ"と言い出したんだろ?
まあ小さい話ですけどね。
イメージ 1
このあたりには他にもSchikardなどの巨大なクレーターがあり、それらの内部のRimaやSmall Craterを眺めるのが面白かったです。
どれも時間の経過とともに表情が変わり飽きませんでした。

昨夜は気流があまり良くなかったのですが、粘っていると350倍くらいが使える時がありました。
その時に観た木星は素晴らしかったです。
SSTBの白斑や複雑なうねうね構造のSTB。それから鮮やかなピンク~オレンジの大赤斑とその後方のSEBはなかなか、、。
よーく見ていると赤道付近も細かい模様がたくさん見えて面白かった。

土星や火星はそれなりでしたけど、、。