十数年ぶりにシアトルの南にあるMuseum of Flightに行ってきました。
これから数回に渡ってレポートしますね。
 イメージ 1

ここの展示の特徴はずばり吊るしてある航空機が多いことです。これにより多くの機体を一度に観ることができます。

下の写真は1903年にライト兄弟が作った世界初のエンジン使用の航空機のレプリカ。
水冷4気筒で12馬力だそうです。
イメージ 2

次は1936年製(?)のDC-3。
例のニコン・クールピクスP1000 フルサイズ70mm相当で撮影。
イメージ 6


焦点距離を500mmに伸ばしてみると、、。
イメージ 3

機体前部のへこみやリベットの配列が浮かび上がってきました。
構造おたくとしてはリベット配置からパネル裏側の構造や強度・剛性について想像するのが楽しい。
この上の写真を見るだけで、この機体は与圧されていないことが判ります。
私は航空機マニアではないので、DC-3が与圧機体か知りませんでしたが、調べてみるとどうやら与圧はされていないようです。
結構長距離運用されたようですが、乗客・乗務員とも疲れたでしょうね。

下の写真はNASAのスペーススーツ。かなり暗かったのですが頑張って明るく撮りました。
イメージ 4

これをP1000の70mmマクロで拡大すると
イメージ 5

袖口の圧力計が浮かび上がりました。
このカメラはマクロも撮れるので、ほんとに助かります。

ところで今日は女子フィギュアスケートGP大会(Skate America)のSPで宮原、坂本、本田が1,2,4位になりましたね。
インターネット中継(解説無し)を観ましたが、出場11人中演技後に満足げだったのは日本人3名くらいでした。
本田真凛はガッツポーズで終えたのに思ったほど点が伸びなかったようでWhat happened?とつぶやいていました。すかさず男性コーチが~じゃないかな?多分?とフォローしていました(聴き取れなかった)が堂々とした素晴らしい演技だったのでロシアの子に負けるとは思いませんでした。

さて明日はFreeです。
米国大会の会場がたまたま私が滞在しているホテルから歩いて3分のところな(窓から見える!)ので、アリーナに観に行きます。
フィギュアスケートは2010年にバンクーバー五輪を見たきりなのですごく楽しみ。
因みに2010年は浅田と安藤と高橋とキムヨナも観ました。凄かったです。