シアトルのMuseum of Flightにはアポロ1のInner Hatchが飾ってありました。
イメージ 1

アポロ1のドアは3枚構成ですが、最も内側が内開きになっています。
航空機も同様ですが、宇宙船は内部の圧力が外よりも高くなっています。ですから圧力が外に逃げ出さないようにする工夫が大切。
その為、このドアは内開きにしていたのですが、内部で火災が発生した時にクルーが開けることができず、3名が犠牲になってしまいました。

そのことが詳細に書かれており、外開きに設計変更したことも記されていました。
イメージ 2

ドア及びドア周りの設計ってめちゃめちゃ難しいのです。強度、剛性はもちろん、圧力漏れを防ぐシール及びその劣化や構造部分の変形も考える必要があります。
特に宇宙船にとってドア周りの不具合は生命の危険に直結しますので、こういった教訓を残しておくことは重要で、そういった意味では流石米国!!って感じです。