セレストロンC8Nの接眼部はラック&ピニオン式でとてもしっかりしています。
少し重いけど、とりあえずこのまま使うことにしています。
イメージ 1
接眼筒は丸い鏡筒取付用となっていますので、杉でスペーサを製作しました。(仕上げはまだですが)。
板厚は9mm。昨日説明しましたように、鋼だったら3mmと同等です。
運搬の時は比較的容易に取り外しできるようにしていきます。

ところで写真の接眼部の後ろにあるのは主鏡Boxやサイドベアリング取付部です。
主要構造は重箱構造で行くつもりです。