昨夜は自宅のバルコニで3時間ほど星の観察をしました。
まず見たのは38P/Stephan-Oterma彗星。11月の某同窓会では尾も確認できましたが、昨夜は光害の影響もあって凄くショボい。
場所を知っていないと絶対に見つかりませんね。200倍くらいまで上げてバックを暗くした上にそらし目でようやく中心部の輝きと周りの淡い部分の把握に留まりました。
この日は45cmドブでも10等級台後半の天体は厳しかったので、この彗星の光度は10等くらいでしょうか。空が暗いところだとまだまだ行けそうですね。

続いて観たのは彗星の近くにあったアステリズム"Inchworm(尺取り虫)”。
これは以前に私のHPで紹介しています。
明るい4.6等星の色が黄色くてとても綺麗でした。写真では白く飛んでいますが、、。
イメージ 1

アステリズム繋がりで見たのはNGC2169 "37星団"または”ショッピングカート”とNGC1662 バトルクルーザー。何れも色の綺麗な星を含んでいます。
アステリズムは星が輝くほど印象的になるので、大きな口径は有利ですね。

続いて観たのがクリスマスツリー~HD47888/SAO114265(等光2重星)~ハッブル変光星雲。
これらは光害に大変強く、常に印象的な姿を見せてくれます。
HD/SAOは全く有名ではありませんが私のお気に入りです。