セレストロンの20cm反射望遠鏡を利用したトラベルドブ(柔らかい杉を使用)は仮組が終わったので、部屋の中から満月を見てみました。

まだ架台が無いので高さ調整ができるアイロン台の上に載せて、接眼部だけ持ち上げ手持ちで焦点位置の確認。
無事まともな像を得ることができました。
イメージ 1
Ethos8mmの125倍でも手持ちでOK!
月面周辺部のクレーターも結構確認できて面白かった。

今のところ、航空機の機内に持ち込めるカバンに架台やアイピースを含めて全て収めることができる予定ですが、架台に剛性不足が生じると駄目かも。
5月のGWまでには完成させたいので、これから頑張らなければ、、。