今年のGW(10連休)は月齢もいい感じなので海外遠征を考えられている方も多いかと思います。
オーストラリアに行く場合は木製品の持ち込みの許可(@検疫)が気になるところ。
国内外のネットに様々な情報が載っていますが、しっかり書かれたものがあまり見当たりません。
そこでオーストラリア政府の農林水源省(Department of Agriculture and Water Resources)がHomepageで示している指針的なものを紐解いてみることにしました。

なお、本情報は現時点(最新)のものであり、過去とは政府見解が異なる場合がありますのでお気を付けください。
また、解釈が間違っていても責任は一切取りませんのでご理解ください。(あくまで参考です)。
イメージ 1
 
まずDepartment of Agriculture and Water Resources)のHomepageを見てくださいね。(ここでは表示しませんが)

そしてTravelling to Australiaのタブをクリックすると簡単な質問があり、Woodを持ち込むことに対してYesボタンを押すと申告せよと表示され、Bringing or mailing goods to Australiaという文字が表示されますのでそれをクリックしてページに飛びます。
 
詳細はBiosecurity Import Conditions system (BICON)のページに記載しているとのこと。このページの解釈はかなり難しいので後回しにします。

Commercial Product(商品)についてはImport Section に記載があるのですが、私のブログを見ている多くの人はPersonal Useなのでこれに関する確認は省略。
 
BICONのページに飛ぶ前にBringing or mailing goods to Australiaのページの下の方を確認したところ、持ち込み品毎の説明があって、木製品については以下の記載がありました。
 
Wooden items are allowed into Australia if they are free from bark, insects and signs of insect damage (such as borer holes) or any other contamination.
To check for insect damage look closely at wooden items for holes and sawdust. Wooden items must be declared on arrival and inspected.
Wooden items that do not meet these import conditions will be treated, exported or destroyed at the importer’s expense.
For more information visit Importing wooden and bamboo articles for non-commercial (personal) use.
(意訳) 
木製品は樹皮が付いておらず、木の中に虫や虫によるダメージの兆候が無いことが確認できれば持ち込めるが到着時に申告し検査を受けること。
検査は穴とか木屑とかがないことを慎重に確認する。
もしこれにMeetしない(虫がいる可能性がある)場合、処置か輸出か又は廃棄される(持ち込み者の負担で)。
 
詳細はImporting wooden and bamboo articles for non-commercial (personal) useというページ参照とのこと。
 
BICONの調査はおいといて、上記Importing wooden...のページの確認。
 
最初に書いてあったのが輸入条件
1. Import conditions – identify and comply
All wooden, bamboo and similar articles imported for personal use are subject to import conditions, whether imported as passenger luggage, through the mail, via a courier service or through freig​ht. For some products, import conditions for personal use differ to those for goods imported on a commercial basis. These differences are set out in the department's Biosecurity Import Conditions (BICON) system​.
(意訳)
個人所有の木製品については輸入条件(旅行者の手荷物か、郵送か、海外宅配便とか)によって判断が異なるとのこと。

で、また前述と同じ様なことが書いてあり、BICONに示された全ての条件を満たすこととの説明あり。以下の英文↓
Imported articles need to be clean, free of bark, insects, soil or other contaminants (look for holes and sawdust as this may indicate that your article contains insect pests). You need to comply with all conditions in BICON before importing a product. The types of timber, wooden articles, bamboo, and related products​ page directs you to the appropriate import conditions for different products.
 
 
次は申告について、、。
入国者カードに書けとのこと。
 2. Declare it
All wooden, bamboo and related articles entering Australia must be declared to a departmental officer on arrival, whether or not you believe you have complied with all import conditions. How you import the item will determine how you declare it.
 
-In your luggage
If you are bringing timber and wooden related articles with you on an international flight or ship you must declare these items on your ‘incoming passenger’ card.
 
 
続いて検査の詳細
3. Inspection at the border
Items will need an inspection by a departmental officer on arrival to ensure they are free from biosecurity risk material (such as insect infestation and bark).
 
If biosecurity risk materials are identified during inspection, then your products will be withheld. Depending on the biosecurity risk, you may be able to:
have the item treated at your cost (see approved treatments for more information) *
store the item at the airport for collection when you leave Australia (if imported as accompanying a passenger on a flight) *
export the item * or
have the item destroyed by the department.
 
* These options are subject to fees, and conditions may apply.
 
(上記の意訳)
木製品は検査官によって検査される。(樹皮とか虫とかの)
もし問題が見つかったら次の4つの方法がとられる
・消毒等の処置(有料)
・空港での収蔵品にする。
・送り返し(有料)
・廃棄

 
ここまでネットにおける表示を基にして概要みたいなものを書いたのですが、判り難いですね。

次回はもっと判り難いかも知れませんがBICONのページの紹介をします。
当ページは20000件以上のデータベースをもとにして、輸入条件ごとの輸出許可条件把握の為の手助けをしてくれます。

でも最終判断は前述したように現地の検査官がします。