私はGWにオーストラリアにトラベルドブを持ち込む予定ですので、このような調査を始めました。
イメージ 1

ドブには合板を使用していますがこれは前回説明したようにHighly processed wooden articles(高度加工木製品)のカテゴリに属しています。
 
木製の台所用品や三脚、スポーツ用品等も同じカテゴリですのでこれからの説明を参考にしてください。
 
このカテゴリで最初に目に付くWarnings and Information Noticesがこれ↓
 
All goods classified under chapters 44 and 45 that are manufactured in, or exported as sea cargo from the countries below* between 1 September, 2018, and 30 April, 2019 (inclusive), are subject to additional phytosanitary measures in order to manage the risk of brown marmorated stink bug (BMSB) contamination on the import pathway.
 
昨年9月から今年の4月末まで限定の追加植物検疫措置に関する警告です。
France; Georgia; Germany; Greece; Hungary; Italy; Romania; Russia and the United States of Americaで製造又はそこから海上輸送された製品はBMSB汚染のリスク回避が必要とのこと。
BMSBはあの臭い匂いを発するカメムシのことです。
日本にもこのカメムシはたくさんいますが、対象国になっていません。良かった良かった。
海上輸送が対象のように見えますが、製造国の問題もありそうですので、ドイツ製や米国製の木製三脚を持ち込む場合は気をつけてください。
 
Highly processed wooden articles pose a low biosecurity risk and can be released with minimal biosecurity intervention.
↑高度加工木製品のリスクは低く、持ち込みに対しての特別な許可申請は必要ありませんが、いくつかの条件が課せられていて、一番重いのが製造業者による申告書や請求書の提示です。
To demonstrate compliance with this requirement you must present the following on a Manufacturer's declaration, Commercial invoice or Supplier's declaration:
 Evidence that the product being imported is a highly processed wooden article.
 
上記文書の提示がなくても大丈夫な場合もありそうですが、、疑わしい場合は検査にまわされ、その費用も請求されるので、充分な準備をしておいた方が良さそうです。
 
次回は申告書等に含まれるべき内容について紹介します。(ハードル高いです)