写真は鏡筒を構成する部品です。
ひとつひとつはとても軽いです。
仮組による剛性の確認も終わり、これから塗装に入ります。
イメージ 1

剛性確認はキャッツアイのオートコリメータを差し込み、鏡筒を天頂や地平線などあらゆる方角に向けて見えている主鏡マークに変化を観ることにより行いました。
下の写真はオートコリメータを覗いた時の像です。
イメージ 2

主鏡マークを目立たせるため、光軸をわざと少しずらしていますが、どの方向に向けても接眼部に重いものを載せてもこの画像が変化することはありませんでした。

イイ感じに進んでいます。